ブランドコンセプト / selvedge.公式ブランドサイト

  • news
  • concept
  • collection
ブランドコンセプト
English Chinese
ブランドコンセプト
selvedge.とは、生地の一番強い部分の「織りはし」という意味を持ち、
また「self」と「edge」が語源と言われています。
この言葉のもつイメージ、
「タフであり、自立していて、先端的である女性」
これこそがselvedge.のミューズです。
全てのプロセスを行う日本唯一のバッグファクトリー、
日本人ならではの繊細な感性を持つアーティザン、
女性の気持ちを等身大で汲取る日本人デザイナー御堂島理代、
この三つが一つになり、selvedge.のbagは完成します。
「持つ人の心を凛とさせ、輝かせること」
これをテーマに、
selvedge.のハンサムなbagは今日も一つ一つ、
愛情を込められ日本で誕生しています。
Page Top

ブランドコンセプト
ブランドコンセプト
デザイン専門学校にてバッグやアクセサリーについて学んだ後、渡英。ロンドンのマーケットにてアンティークのレザーバッグに出会い、「使い込むほどに味がでる」「汚れたり傷ついたりするほど愛着がわく」レザーに魅力を感じる。帰国後、バッグ業界に飛び込み、オーダーメイドバッグのアトリエやサンプル製作会社を経て、現在の総合バッグメーカーへ入社。バッグのサンプル製作やデザイナー職を経験後、本当に自分が欲しいと思えるバッグを作りたいという思いから、2003年「自分と同世代の働く女性の為のバッグ」をデザインのコンセプトとし、バッグブランド『selvedge.』を立ち上げる。
常に女性の視点で考え、長時間持っていても疲れない「軽さ」や、長い間持ち続けることができる「丈夫さ」などを追求するとともに、エッジの効いたデザインを取り入れ、毎シーズン東京とパリのコレクションで好評を得ている。
将来は日本製を盛り上げていくことを使命とし、職人の育成や産地との協業商品にも力を入れている。
Page Top

ブランドコンセプト
ブランドコンセプト
selvedge.立ち上げ後2年経ち、大きな壁にぶつかりました。
一つ目の壁は、“工場の廃業”や“職人の高齢化”により、商品を作る場所がない、ということ。
二つ目の壁は、商品を作り上げるまでの職人との“感性の共有”ができず、イメージ通りの商品が出来上がらない、ということ。
そこで、3年目からは生産数を減らしてでも、自社の職人たちの手でバッグを作ることに決めました。
そして今では、selvedge.はデザイン、生産、アフターケア、そして職人の育成まで、全てを自社で行っており、”made in JAPAN”が消えつつある中でも、人材を確保し育てていきたいという思いを持ち続けています。
selvedge.を生産する自社工房の職人の平均年齢は30歳前後。若手職人達が伝統的な手縫いやコンピューターミシンなどの高性能機器を使用し生産を行う一方で、職人歴数十年の熟練職人が彼らの指導に当たっています。若手のフレッシュな感性や最新機器と、長年の経験による優れた技術が融合し、”made in JAPAN”の質の高い商品を生み出していくことができると信じています。そして、同じ環境で物作りをすることで、作り手の愛情と感性の共有を育んでいます。
海外で安く早く生産することは簡単ですが、私たちは、日本の材料を選び、その産地の皆さんと一緒に材料をこしらえ、東京で日本の職人の手によってバッグとして生み出し、そして愛情を持って使って頂いたバッグのアフターケアをすることにまで、こだわりを持ち続けていきたいと思っています。
Page Top

ブランドコンセプト
ブランドコンセプト
selvedge.はmade in Japanにこだわっているだけではなく、使用する素材にも強いこだわりを持っています。姫路産の牛革、栃木で作られた真鍮鋳物、和歌山、金沢、滋賀で加工された生地など、実は日本中のたくさんの技術や思いが詰まってselvedge.のバッグは作られているのです。

例えば、selvedge.もよく使う牛革。これは皆さんが食べる牛の皮から作られていますが、一般には革がどう作られたかしか語られることはありません。そんな中で、「牛がどこで生まれて、どう育てられたか」にこだわるタンナーさんがいます。おからや牧草など自然からとれる植物性の食べ物で育った内地(鹿児島や北海道)の牛をなめした革は地生(ジナマ)と呼ばれますが、これは人肌に近い柔らかさと滑らかな表面で良質の和牛として知られています。selvedge.は、「国内で育てられた牛を国内で消費して、しかも国内で流通にまわす」ということに誇りを持ったタンナーさんの作った革でできているのです。

また、軽さを追求して選定された馬のフルタンなめし。化学薬品を一切使わないベジタブルレザーはselvedge.の定番レザーです。

3.11の震災でいつもお世話になっている多くの加工所や工場が被害を受けましたが、selvedge.ができることは日本の産地を元気にするためにも、今まで通りものづくりに打ち込み、産地の誇りと日本の誇りを世界に届けていくことだと思っています。
Page Top

ブランドコンセプト
ブランドコンセプト
長く使うほどに味わいがでる「革」に魅せられたデザイナーが始めた”selvedge.”。そのバッグをお使い頂く皆様にも、一つのバッグを長く使い、愛情を持って頂きたいと思っています。お客様の中には日常使いだけではなく、プレゼントや自分へのご褒美、就職や入学用にご購入される方も多いと聞いています。それゆえに、思い出のたくさん詰まったバッグを、壊れたり汚れたりしても直して使いたいという方もたくさんいらっしゃいます。そこで、selvedge.はバッグのリペアやアフターケアを始めることにしました。

例えば、使っていて色が剥げてしまった、とか、使い続けるうちにファスナーが締まりにくくなってきたかも・・・など、長く使うことでほころびが出てくるかもしれません。そんな時は有償にはなってしまいますが、喜んで対応させて頂きますので、ぜひ一度お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
Page Top
ブランドコンセプト ブランドコンセプト ブランドコンセプト ブランドコンセプト ブランドコンセプト